アラフォー小梨のつぶやき

アラフォー小梨が気になったニュースなどについて呟くブログ

パチンコもギャンブルと認識!?家族申告で入店の制限も

スポンサーリンク

パチンコ店の入店制限だけで依存症は変わる?

f:id:arafokonashi:20190419115134j:plain

19日の閣議で、カジノの実現にむけてギャンブル依存症対策の基本計画が決定されました。

 

依存症度が高いといわれているパチンコに、家族が申告することによって入店を制限するといった内容も盛り込まれているようです。

 

家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、顔認証システムを活用した競馬場への入場制限などについて事業者に検討を促す内容。

競馬場内やパチンコ店内の現金自動預払機(ATM)撤去も求めた。ただ、罰則規定はなく、実効性をどう確保するかが課題となる。 

引用︰ Yahoo!ニュース

 

競馬に関しては顔認証システムを活用するようですが、馬券はスマホで簡単に購入できるので、あまり実用性がないようにも感じます。

 

パチンコも家族のいない人や、家族と疎遠になっている人に対しては何の対策にもなっていない気がするので、そのあたりをどうするのかもこれからの課題になりそうですね。

 

ネットの声

・完全実施は難しい、パチンコ自体を禁止するべきだ。

 

・家族の申告というが制限だけでは意味がなく、通院や強制入院など治療の義務化もセットにしないと意味がない。

 

・生活保護も入れないようにした方が良い

 

・「ご家族の方より止められてます―」って言われたら、逆上して家族に当たられたらどーすんだろ。

 

・ギャンブル依存症対策と言いつつこれからもっと金が動くカジノを進める政府の矛盾。

 

 

パチンコと生活保護者の関係はたびたび問題視されていますが、他の国のようにパチンコを禁止することはできないのでしょうか。

 

fukabori.hatenadiary.jp

 

いまあるギャンブルでも法の整備がされていないのに、もっとギャンブル性の高いカジノをつくることは、やはり矛盾している気がします。