アラフォー小梨のつぶやき

アラフォー小梨が気になったニュースなどについて呟くブログ

純烈メンバー友井氏の被害者A子さん胸中激白

スポンサーリンク

A子さんの電話取材でのインタビュー内容

 

芸能界の引退を発表した友井雄亮さんですが、友井さんのDV被害者でもあるA子さんが現在の胸中をバイキングで話しました。

 

Q.今回の記事を見てどう思われましたか?

A.なんで?誰が?っていうのが一番、あとはもう悲しくてショックで、自分のこんな辛いことなんて流されたくなかったし、本当にひどいなと思いました。この4年間はやっと少しずつ傷も癒えてきていたので、彼に対して何かしたいって思ったことも一度もなかったです。

 

Q.友井さんが活躍する姿は見ていたんですか?

A.恐怖心もよみがえってくるので見ないですけど、やっぱり大々的に取り上げられているので目にしたことはあります。頑張っているならそれでいいかなと思っていました。

 

A子さんはこの件を公表する意思はなく、傷を癒やすことを第一に暮らしていたそうです。そして、週刊文春に掲載された誓約書は、A子さん側が保管していたものではないと主張されています。

 

A.私を守るために、私がもう怖い思いをしないために、私の両親と友井さんで交わしたものなので、両親側に1通と友井さんのところに1通ていうかたちであったんですね。

 

Q.誓約書は2通あったとのことですか?

A.そうです、それぞれにあるって感じです。

 

Q.A子さんの誓約書はA子さんがお持ちになっているんですか?

A.両親の方にはちゃんとあります。

 

今回の報道を受け、A子さんは新たな苦しみに直面しているといいます。

 

A.SNS上にも私が情報提供したかのように思っている人たちの書き込みがきているので、本当に苦しくて辛いです。

 

報道後、インターネット上ではA子さんの身元が特定されSNSなどでは「記事の出元はA子さんなのでは?」といった書き込みが殺到しました。

 

A.心ない言葉が今の私にはすごく辛くて、早く誤解を解きたいです。

 

今回の週刊文春の情報を流したのは自分ではない、そのことをきちんと伝えたい、その思いからA子さんは今回のインタビューに応じたそうです。

 

Q.嫌がらせとかもあるのでしょうか?

A.はい、SNSで嫌がらせの言葉を送りつけてこられたりとか。全く知らない方からなので、それにもすごく辛くて怖い思いをしています。それで弁護士の先生にその辺をお願いしているんですけれども。

 

そのような状況のなかで、A子さんの体調にも異変が起きているそうです。

A.私自信も自分の情報漏洩をたくさんされていて、仕事もできないし、家から出ることもできないし、過呼吸を起こしたり、ずっと寝込んでしまっている状態です。

 

Q.体調は大丈夫ですか?

A。正直しんどいです。もう食べれてなくて、飲み物を飲んでも戻しちゃう状態で、体重もすでに5kgぐらい落ちちゃってて、もう早く解放されたいです。

 

Q.A子さんの願いとは

A.本当にこの4年間恐怖から逃れて仕事を生きがいに一生懸命忘れていこうって、ただ平穏に暮らしたいっていうそれだけだったので、もう早くこの苦しみから解放されて家族も私も安心して自分の生活をしていきたいです。そっとしておいてもらいたいなって思います。

 

 A子さんの関与は早くから否定されていた

涙ながら一生懸命にインタビューに答えていたA子さんですが、誓約書は早い段階からA子さん側の流出ではないという情報は流れていました。

 

arafokonashi.hatenablog.com

 

にもかかわらず、A子さんを攻撃している人は何を考え行動しているのでしょうか。

友井さんの謝罪会見の場でも、A子さんは関与してしないことを話して欲しいと友井さん側には言っていたそうですが、会見ではその話は出ることがありませんでした。

 

友井さんの復帰を願う署名活動が始まっているようですが、友井さんのことが取り上げられるたびに傷つく人がいることは事実なので、そのあたりも考えながら行動していただきたいものです。